商品券の換金よりも業者を利用した方が安全

menu
HOME » 商品券を換金 » 商品券の換金よりも業者を利用した方が安全

商品券の換金よりも業者を利用した方が安全

クレジットカードの換金は、商品券の転売という方法が有名です。
自分で換金を行う場合、商品券を金券ショップで買い取ってもらうという方法で換金率90%以上になるケースもあります。
しかし、換金率の高さだけにこだわると、危険を冒す事にもなるのです。
実際には、多少換金率が下がったとしてもクレジットカード換金業者を利用した方が安心でしょう。
その理由を紹介します。

最も大きな理由は、自分で商品券の購入や転売を行って換金をするよりも、専門の換金業者を通して換金をした方がクレジットカードの利用停止となるリスクが低いという事です。
換金をする金額にもよりますが、基本的に専門換金業者の換金率は80%前後であるといわれています。
しかし、即日送金や利用額が少額である場合には、70%程になる場合もあるでしょう。
つまり、手数料として20%〜30%程の金額が掛かることになります。
安い手数料ではありませんが、その分リスクを回避できる可能性が高くなるのです。
そのため、自分で商品券の換金を試みるよりも換金業者を利用する事がおすすめであるといえるでしょう。

さらに、現金が必要な時間帯によっては換金業者を利用する方法しかない場合もあります。
換金業者は、24時間365日対応しているのです。
インターネットサービス型の換金業者であれば、深夜や早朝であってもインターネットバンキングに送金してもらうことが出来ます。
インターネットサービス型の換金業者であれば、足を運ぶ必要もありません。
商品券を持参して、近所の金券ショップに持ち込む必要もないのです。

また、クレジットカード換金業者は入金スピードを競っています。
そのため、非常に早く送金してもらうことが出来るのです。
商品券を持参して金券ショップへ足を運ぶよりも早く、コンビニエンスストアのネットバンキングATMから現金を引き出すことが出来る可能性もあります。
時間や手間、安全性を考慮すると、クレジットカード換金業者を利用した方が良いとも考えられますね。